MENU

車を高く売るなら一括査定がおすすめ

車を売る時に一番高く売れるのが一括査定です。
1社だと相場がわからずに、安い金額を提示される場合があり、複数の見積もり金額がわかるので、一番高い査定のお店に売ればいいだけです。

 

車を売る時に高く売れる一括査定サイト

簡単車査定ガイドは概算価格が確かめられる!

簡単車査定ガイドの特徴はなんといっても簡単な申込みで車の概算価格が教えてもらえることです。
概算価格とはオークションなどで過去に取引された価格を元に買取業者が算出するものなので、車を直接見てもらわなくても大体の相場が事前に確認できてしまうんです。
概算価格は査定時に資料として扱えますから、買取の際の取引も非常にスムーズになります。
車査定ガイドで査定を申し込めばまず間違いなく高く売る事が出来ます。

 

 

日本全国200社以上の買取事業者を誇るズバット買取!

日本全国各地の車買取事業者と幅広く提携しているのがズバット買取。
サイトでは県ごとに買取業者の傾向を説明してくれるページもあって、初めての利用でも安心して買取を頼むことができます。
さらに、近所の買取業者の口コミも見られるので、利用者の声も聞けるのが嬉しいですね。
サイトの紹介だと悪い評判はどうしても省かれがちですから、ユーザーの客観性に富んだ意見を参考にできるのは心強いですね。

 

 

最大査定依頼数30社!査定価格にこだわりたい方はカーセンサー!

他の買取サイトの最大査定依頼数が10社であるのに対し、カーセンサーはなんと最大30社まで査定依頼をすることができます。
査定依頼時の項目も他のサイトと比べ多く、その分面倒に感じるかもしれませんが、裏を返せばそれだけしっかりと事前に見積もりをしてくれるということです。
また、複数の業者に査定を依頼した際に煩わしくなる電話連絡も、事前に申請することでメール連絡に切り替えてもらうことが可能です。
たくさんの業者に査定してもらって納得した上で車を売りたい方にはオススメできるサイトですね。

売る時の買取金額を高くする方法

自動車を売る時には誰でも高く売りたいと言う本音があるものですが、様々な工夫をする時によって買取金額をアップさせる事が可能になります。
基本的には買取金額とは、自動車の現状によって上下するものであり、相場を基本的な軸として考えられていますので、現状を良い状態にする事が大切な要素です。
現在の自動車の状態の悪い部分を改善してから買取してもらう事によって、本来の買取金額よりも高い金額にしてもらえるようになります。

 

自動車を売る時にまず最初に査定の基準として見られるポイントは外装です。
外装に傷やヘコミがある場合には、それだけでマイナスの要素となりますので注意が必要です。
軽い傷であれば、傷の見た目を消す事が可能なクリームなどが市販されていますので、それを使用する事で傷を消す事が可能です。
また、傷と間違えられる汚れなどもありますので、しっかりと洗車をしてから査定してもらう事は重要です。
汚れの無い状態で査定を受けられる状態にしておきましょう。大きな傷やヘコミがある場合には板金で修理してもらう事も一つの手ではあります。修理をしておく事で買取金額は間違いなくアップしますので、確実に金額アップをさせられる方法です。しかし、この方法の場合には修理費用も同時に必要になりますので、自分自身で修理をして買取金額を上げるのか、それとも修理費用を節約しておくのか判断しないといけません。

 

外装の次には内装を見られます。
内装も傷と汚れが区別できない場合がありますので、まずは洗車の時に綺麗にしておく事が必要です。
そして、タバコの焦げ目などが無い様にしておきます。
内装に関してはシートの汚れなども査定にとってマイナスの要素となりますが、シート交換をしていると費用が多く必要になりますので、そのままで良いでしょう。
ナビゲーションなどのオプション機器を次に乗る自動車に設置するのであれば、査定金額は下がります。
どうしても査定金額をアップさせたい場合にはナビゲーションも同時に買取してもらいましょう。
この時の注意点としては、古い機種のナビゲーションなどのオプション機器であれば、次の購入する予定の自動車には引き継ぎをしなくても良いです。
新しい機器を取り付けたら良いですので。

 

しかし、比較的新しい機器の場合には、引き継ぎで設置をした方が総合的な費用としては得になりますので、買取額をアップさせるのではなく、トータルでの損得勘定が大切です。
売る金額をアップさせる方法は他にもあります。
タイヤの状態によっても実は査定額は変化するものです。
タイヤを新しいものに変更しておく事で、タイヤ分の買取額はアップさせる事が可能になります。
地域によってはスタッドレスタイヤを所有している方もいるでしょう。
そのタイヤも買取してもらえますので、査定時に一緒に買取を依頼しておくと、タイヤ分の料金は得をする事が可能になります。
タイヤは車種によってサイズが異なりますので、新しく自動車を購入する予定のある方であっても、タイヤの引き継ぎが出来ない場合がありますので注意しましょう。
タイヤは使用距離や状態によって査定額が異なりますので、状態の良いタイヤであればそれなりの買取金額アップに期待が出来ます。

 

自動車を改造している方は多くいますが、その場合には社外品を取り付けている方が大半でしょう。
自動車は基本的、純正部品の場合には様々な環境に対応する事が可能なチューンがされていますので、質が保証されています。
その保障が無くなった事になりますので、改造をしている時点で査定ではマイナスの要素として受け取られます。
そのため、改造しているオーナーの場合には、改造車の社外品を全てメーカー指定の純正品に戻しておく事によって、買取金額をアップさせる事が可能になります。
この場合には、査定金額を戻すの方が表現的には近いですが。下手に改造をしている場合には自動車の内部にも大きな負担が掛かっている状態となりますので、買取業者はマイナスの評価として考えています。
自動車を購入当初から買取を考えている場合には、改造は控えておく事がベストな判断です。
しかし、改造車であっても、部品を純正品に戻す事で査定のマイナスを避けられますので、万が一改造してしまった場合であっても、もとに戻せば良いでしょう。
車検の期間も買取金額に左右されるものですので注意が必要です。
車検の残り期間が長ければ長いほど、買取金額に上乗せがされる仕組みになりますので、高く売りたい、査定金額をアップさせたいと言う場合には出来る限り買取をしてもらうと言う決断を早くした方が良いです。
車検切れになってしまった場合には、車検分の査定額は考慮されませんので、大きく買取額はダウンしてしまいます。そのため、買取を依頼するタイミングも重要です。

 

以上が基本的な車を売る時の買取額アップの方法となりますが、まだ、高く売る方法はあるものです。
その方法は自動車本体には関係の無い事です。
自動車の買取金額の相場は決まっているものですので、大きく上下する事はありませんが、業者によって査定項目などは変化します。
そのため、業者によって買取金額が異なる特徴を把握しておく事は大切な事です。
高く売りたい場合には、様々な業者に査定を依頼する事が必要です。
一括査定などを利用するとスムーズに一番高い価格で売却出来る業者を見つける事が可能です。
査定を受ける業者の選択はとても重要ですので、後悔の無い業者選びを徹底しておくように気を付けたい部分です。
買取業者が決まったなら、後は売却するだけですが、その時の交渉によって買取金額をアップさせる事も可能です。
例えば、ただの買取だけである場合と、下取りの場合には買取額に違いが発生します。
そのため、次の自動車を購入する予定のある方は、まずは業者に自動車の購入予定がある事を伝えて、良い車があれば購入したいと伝えておきましょう。
実際に購入するかどうかは後で判断しても良いです。そして、恐らく在車をリストアップする業者は多いでしょう。購入する意思が無い場合には、現在の段階では購入を考える自動車は無い。
今後、追加されていく自動車に期待をしたいと、買取業者で購入する事を伝えておきましょう。
そうする事によって、自動車を買取額ではなく、下取額で買取してもらえる業者も少なくありません。後は購入するのかどうかは本人の意思の問題となりますので、良い自動車が在庫に追加されたら購入しましょう。買取から下取りにしてもらう事によって大きく買取額をアップさせる事が出来ますので、これは確実にしておきたい交渉術となります。
その他の交渉術としては、アピールポイントを伝えておく事です。最初に査定額を聞いておいてからアピールポイントを伝える事によって、実際にどれくらい考慮されたのかを把握出来ます。

 

アピールできる点は誰でも多くあるはずです。
禁煙車にしていたので、ヤニなどの汚れもなく、臭いもない綺麗な車内になっている事や、丁寧な運転を心掛けていたので、自動車の内部の劣化が少ない事、定期点検を必ず受けていたので自動車の質は保証されている事など、なんでも良いです。
業者にアピールできる点を伝えておく事によって少しでも買取額をアップさせられる可能性を高くしておく事が重要です。
また、買取額をキリの良い数字にしてもらう事によって若干でも売る金額をアップさせる事も可能です。

車を売る時は下取りと買取どちらがいいの?

車の売却には、大きく分けて「下取り」と「買い取り」の2つがあります。

 

それぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがお得なのかは一概には言えません。
どうしたら一番ベストな方法になるのか、両方のメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

下取りとは?

新しく車を買うディーラーや中古車販売店に、今まで乗っていた車を引き取ってもらうことを言います。
そのお店で新しい車の購入と、今まで乗っていた車を売却するので、一度で売買が成立し手間暇が省けます。
また、名義変更に必要な書類の提出も1回で済むのが特徴です。

 

 

下取りのメリット

新しく購入する車の値引き以外で、総額からさらに下取り分を引いてくれます。
普通は「新しく買う車の価格」-「値引き分」=「総額」となりますが、
そこからさらに「総額」-「下取り分」となるので、最終的に支払う金額を安くすることができます。

 

下取りのデメリット

他のお店で査定を行っていないので、下取り金額が適正なのか判断できません。
実はもっと高額で売却できたはずが、総額の端数合わせで終わってしまうことも…。
また、購入予定の車ですでに値引きが行われていた場合、それを理由に下取り金額を上げてもらえないこともあります。

 

 

メリットだけを見ると手間もかからず総額が更に安くなるので、良いことづくめのように見えますね。
しかし、デメリットに大きな落とし穴があります。
それは下取り額が適正でない可能性があるということ。
総額が150万円だとして、値引きが10万円、そこから下取りで40万円引いてもらったとします。
お得感はありますが、そのお店での査定だけだと、下取り価格の40万円が適正だと判断することができません。

 

下取りは、その販売店を気に入っていたり、金額の大小はあまり気にしない人、書類の提出が面倒な人、
車の購入と売却に時間を掛けたくない人に向いていると言えます。

 

 

買い取りとは?

新しい車を買う・買わないにかかわらず、車を売却することを言います。
新しい車を買うお店と古い車を売るお店が別々だった場合、名義変更の書類提出は2回行わなければいけません。

 

 

買い取りのメリット

複数の買取業者で査定をしてもらうことで、買い取り価格を比較する事ができます。
車のグレード・状態・装備など、車のセールスポイントがダイレクトに反映されるため、査定額が一気に高額になることもあります。
また、買取業者同士で競合してくれるので、査定額を上げてもらうための交渉ができます。

 

買い取りのデメリット

買い取り金額は相場によって変動するため、時期を誤ると高額査定は望めません。
買い取り業者は、業者は違えどその車の相場から査定額を算出しているため、売却の時期というのは非常に重要です。
車種が特定された専門店であれば、時期に関わらず高額査定してくれることもありますが、業者が絞られてしまうため、
競合による金額アップを狙うのはなかなか難しいでしょう。
また、次に買う車が決まっている場合、買うお店・売るお店双方への書類提出や移動など手間暇が増えてしまいます。

 

買い取りの最大の強みは、やはりたくさんの買取業者に一括査定を依頼できることです。
買取業者は、買い取った車を業者オークションで販売してしまいますので、長期間在庫として抱えてしまうリスクがありません。
つまり、相場ギリギリで買い取ってくれる可能性があるのです。
それを業者間で競合するわけですから、交渉次第で更なる高額査定が狙えるわけです。
時期よって相場が変動してしまうことがネックであり、その時期を逃すと次はいつ相場が上がるのか分かりませんが、
その分時期が合うとかなり高額で売ることも可能です。

 

買い取りは、手間暇を掛けてでも車を高く売りたい人に向いていると言えます。

 

どちらがお得?

前述の通り、メリット・デメリットは両方にあります。
しかし、売却金額だけに絞って見た場合、買取業者へ売るメリットの方が遥かに大きいでしょう。
総合的に判断して、車を買うのは値引き額が大きいお店にして下取りには出さず、
一括査定で一番高い査定額を付けてくれた買取業者に売却するというのが、一番お得な方法と言えるでしょう。

 

買取業者に直接行くという方法もありますが、車での移動だと走行距離が増えたり、
キズや汚れが付いてしまうので、これから車を売るなら得策とは言えないので控えたほうが良いでしょう。

更新履歴
このページの先頭へ