MENU

場合によっては軽く10万円の差が出る車の買取と下取り

車の買取と下取り、どちらもよく耳にしますが、よく考えてみたらどう違うのか判らない、という人も多いのではないのでしょうか?
日頃は気にしなくてもいざ自分の車を売ろうと思ったら気になります。どちらも車を買い取ってもらう事に変わりはないのですが、では買取と下取りの違いとはどういうものなのでしょうか。

 

買取とは中古車買い取り専門店などで今乗っている車を売って現金化することを言います。
査定時に社外品のオプションなども評価額に入りやすいのがメリットで、査定の判断基準が下取りよりも細かいのでより高額が付きやすいです。
また、業者が直接買い取ってくれるので中間でマージンが発生せずより高く買い取ってもらえる可能性があります。
少し前までは下取りが普通だったのですが、最近はこのような理由から車を買取に出す人も増えています。
しかし一方で、車を買うのは別のお店になるので購入と売却をそれぞれの店舗で行う為手間が掛かります。

 

車の下取りとは、新しい車を購入する時に今まで乗っていた車を売り、その代金を新しく購入する車の代金に充てる事を言います。
一般的には各ディーラーの下取り基本価格表に基づいて車のダメージ部を減額して査定します。
こちらのメリットは購入と売却を同じ所で出来る事で手間が掛からないという点です。
また、古い車種や人気のない車種でも一定の金額は付けてもらえるのも利点です。
購入した車の納車時に引き渡すため、代車を用意する必要もありません。
しかし、買取のように競り合って下取り額を出す訳ではないので買取程の高額査定は期待できません。

 

それぞれにメリット・デメリットはあるので、それをよく理解してからどちらにするかは好みなのですが車の売却に関しては複数の業者から査定を受ける事をお勧めします。
A社とB社の査定額の差が10万円以上と言う話はよくある話ですし相場を知らずに交渉していると相手の業者の言いなりになってしまい、その結果かなりの額の損をすることになってしまうからです。
車は人生における大きな買い物の1つですので手間が掛かると思っても、査定を複数の業者で取る事だけは最低限行ってください。
確実に少しでも高い額で売却したいと考えるならば、複数の中古車買い取り専門業者で取った見積もりをもってディーラーに行くのが一番間違いない方法と言えるでしょう。
手間を掛けても金額を取るか、多少の減額を覚悟しても手間の掛からない方を取るか、という選択になります。

このページの先頭へ