MENU

中古車が高く売れやすい色や装備とは?

近年日本では、中古車の海外輸出が増加し、国内の中古車市場の流通は年々衰退してきているのが現状です。
買取業者も売れ筋車種に的を絞り、より人気のある車種を高く買い取っている傾向にあります。
査定項目としては、車種のほかに年式や走行距離、内外装の状態も含まれ査定金額を左右します。ですが、それだけではありません。
意外と見落としているのが、ボディの色や装備です。これらの状態も、査定に大きく影響してきます。

 

まずはボディの色です。ボディの色だけでそんなに変わるの?と思われている方も多いと思いますが、やはり査定金額が高い車種ほど、人気色かそうでないかで数十万円の差が出ることもあるようです。
では、一体どんな色が人気があるのでしょうか。やはり人気色は、車種や流行に左右されない、黒・白などの無難な色が鉄板です。
特に白は、男性女性、年齢関係なく人気があり、中古車の中でも一番売れている色といえます。
その他の色でも、シルバーやパールなど、やはり無難で流行に左右されない色が人気が高い傾向にあります。
または限定色などの珍しい色も貴重なため、査定額が高くなることがあるようです。

 

次に装備です。わかりやすい例で言えば、カーナビやAV機器などです。装備というと一般的についていることによって査定額にプラスになるイメージですが、装備はただたくさんついていれば査定額があがる、というわけではありません。
査定に出す際に、注意しなくてはならないことがあります。それは装備が「純正」かどうかが最重要です。
純正のオプション品は高く評価され、査定額にもプラスされることが多いです。ですがその一方、純正でないオプション品はほぼ無価値同然に扱われ、査定額にプラスになることは、あまりないようです。
たまに、違法ギリギリのド派手な改造車を見ることがありますが、たとえ数百万円をつぎ込んで改造した愛車でも、それらの装備は査定の際は無価値、もしくは査定からマイナスになることもあります。
高く売りたい場合は、パーツごとに売って、なるべく元の状態に戻してから査定に持っていった方が良さそうです。

 

以上が中古車を売る際の、売れやすい色と装備です。今回の内容をまとめると「流行に左右されない無難な色で純正オプションがついている車」が、一番ベストな査定額をもたらしてくれることになります。
長年連れ添った愛車を、少しでも高く売りたい!という方は是非参考にしてみてください。

このページの先頭へ