MENU

傷やへこみがある場合には修理したほうが高く売れる?

一般的に車には傷やへこみがない方が高く売れるという風に言われています。
車に関しては、きれいなままのほうが見栄えがいいものですからやはり高く売れやすいものです。
そんなようなことが現状としてあるのなら、やっぱりお金を払ってでも修理をしてから査定したほうがいいのか?
そう思うわけではありますが、実際には査定前に修理をしたほうがいいのでしょうか?

 

基本的に修理をしなくてもいいケースが多い

基本的に車の査定に出す場合には修理をしないようにすることがおすすめです。
特に車についている細かい傷といった場合には、修理をしなくても査定には影響がないといわれています。
主に1センチ未満のキズや凹みなら修理しなくてもいいといわれており、こういったものを治す場合には費用が高くついてしまうことがほとんどですので
基本的には修理をしなくても大丈夫であるといわれているのです。
また、大きな傷の場合であっても、修理をすることになると、かなり高い費用を払わないといけないケースがありますので
修理するとしても費用倒れになるようなケースもありますから、基本的にはやはり修理しないでやった方が無難です。

 

よほど大きな傷だったりすれば、修理費用次第では修理してもよい

ただし、大きな傷だったりするときには、小さな傷程度のレベルよりも減額される額が大きいのも事実です。
傷次第ですが普通の買い取り額の半額以下というのもざらです。
ですが、場合によっては修理したほうが高値で買い取ってくれるような場合もあります。
車の値段がもともと買い取り額が高い車種や年式・走行距離が短いことだったりすることや、修理個所・傷の大きさによる修理費用によってというような
限定された状況ではありますが修理をすることで結果的に高くなることも期待はできます。

 

困ったときには販売店などに確認を

もし、どうしても修理するかしないかを判断できないようなケースである場合には販売店などに相談をして修理をするといいでしょう。
修理するかどうかは治さなくてもいい方が多いのですが、ケースバイケースというようなことも十分に考えられますので、よく専門の方に相談をしてから
修理の依頼をしたほうがいいでしょう。
ディーラーなどによっては、修理も買取も一括でやってくれるようなケースもあるでしょうから、手間をかけたくなく修理もしたいときには
そういった業者選択をするというのも手ではないでしょうか。

このページの先頭へ