MENU

買取店が事故車や修復歴車をどうやって判断しているの?

事故を起こしてしまって、車を修理することによっては事故車(修復歴車)といわれるような場合があります。
事故車(修復歴車)といっても、素人の方にはどんな場合によってそう呼ばれるかとうかはわかりませんし、
なかなか見分けも素人にはつかないものです。

 

買取店の方はどんなふうに事故車(修復歴車)といわれるのでありましょうか?

 

事故車(修復歴車)の定義について

まず、事故車の定義についてですが、

 

①フレーム (サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

 

のうち、、①~⑧の部分の骨格部位を修正していたり、キズがあること、⑨の部分について
交換され、かつ隣接する骨格部位に凹み、変形、修復跡があるときには事故車(修復歴車)といわれています。

 

つまり、定義に当てはまるようなことがなければ、修理をしていても事故車(修復歴車)にはならないということです。
ちょっと車をこすって傷やへこみができたのを元に戻したというだけであるのなら、大丈夫ですし
この定義以外の部分が好感されただけなら問題ありません。

 

実際に買取店は事故車(修復歴車)をどうやって調べるの?

買取店はいったいどうやって事故車(修復歴車)を調べるのかというと、基本的には売主に聞くや車を良く調べることから始めます。
売主には事故車(修復歴車)を知っている場合には、そのことについて告知義務があるため、そこから調査することがあります。
黙っていてら、後日不備が発覚した場合には減額をされたり解約されるケースがあります。
また、売るところと修理したところによっては把握しているケースもあります。
例えば、事故を起こしてしまった場合にディーラーに修理を依頼した時には、メーカー側は車体番号と修理記録を登録します。
この修理記録は消えませんので、それをもとに事故車を判断できるケースがありますが、一般に開示されるデータではないので
修理した会社以外には調べることは不可能です。
修理をした会社以外の他のお店で売った時には、車をしっかりと調べないといけません。
パーツがほかよりも新しかったり、傷の有無があったりと怪しい点を調べることによって査定士が自力で判断しないといけないのです。
このような感じで、事故車(修復歴車)を調べることになります。

 

 

事故車(修復歴車)の調査は結構難しく、プロでも見落とすケースもありますがこのような感じで見分けを付けているのです。

このページの先頭へ