MENU

車を妥当な金額で売るなら相場額を知っておく事が重要

車査定の価格には、大まかな平均値は存在します。いわゆる相場額なのですが、それを知っておかないと損をする可能性がありますから、要注意です。少なくとも複数の会社にて査定を受けて、大体どれ位の金額になるかは、把握しておく必要があります。

 

車査定で伝えられる金額の妥当性

どういう事かと言うと、次のようなケースが考えられるのです。
ある時に車を売却したいと考えたので、とりあえずあるお店にて車の状態を確認してもらったとします。
もちろんお店としては、車の状態を色々と確認する訳ですが、それで査定額が伝えられるのです。
それで伝えられた額が、例えば35万円だったとします。その数字が妥当か否かという問題があるのです。
もしかすると妥当でない可能性がありますから、要注意です。

 

 

低い金額が伝えられている可能性

と言うのも車買取店としては、あえて低い金額を伝えている可能性もあります。
本来ならばもう少し高く売却できる筈なのに、35万などと伝えているケースもたまにあるのです。
本来は40万円台になる筈なのに、あえて35万と伝えるケースもあります。理由は、もちろん売り上げに関する都合です。
したがって35万で売却をすれば、損をする事になるでしょう。そういう可能性は否定できませんから、注意が必要です。

 

 

平均額を知っておくと妥当性が分かる

ところが平均数字を知っていると、話が全く異なってきます。
例えば他のお店による平均的な数字が、43万だとします。
そういう時は、上記の35万のお店に売却する事は、少し慎重に考えた方が良いでしょう。少なくとも平均値が43なのですから、相場よりは低く売却する事になってしまいます。
しかし43という相場を把握しておけば、金額の妥当性も判別できる訳です。
それが分からなければ、35で売却する可能性があるでしょう。損をするというのは、そういう意味合いになります。

 

 

複数のお店から査定額を出してもらう

どうすれば43などの数字が分かるかというと、やはり複数店にて車の状態を確認してもらう事が一番です。
1つのお店だけでは、そもそも平均値も分からないでしょう。
最近ではネット査定などを含めて、とても便利なシステムが色々とあります。
また一括査定のシステムにしても、WEBだけで査定額を通知してくれるサイトも、中にはあるのです。
手段は色々と存在しますが、いずれにしても複数店から査定額を出してもらい、大まかな売却数字だけは把握しておくと良いでしょう。
それだけでも、車を妥当な金額で売却できる確率も高まるからです。

このページの先頭へ