MENU

プラス査定になるポイントとは?

車査定の価格を引き上げる要素は、色々とあります。色や走った道や、ワンオーナーなど色々あるのです。

 

人気カラーの車は高く売れやすい

そもそも車には、人気の色が幾つかあります。ホワイトやブラック色の車などは、それなりに高く売れやすい傾向があるのです。色がおしゃれな車などは、それなりに価格も高く見込めると考えて良いでしょう。
また珍しい色の車なども、価格に関わってくる事があります。なかなか道で見かけないカラーの車なども、それなりに査定額は高めになる場合があります。

 

高速道路を走っていたかどうか

それと意外と軽視できないのが、今までに走っていた道路です。具体的にどういう道を走っていたかは、買取価格をそれなりに左右するでしょう。
そもそも道と言っても、実に多彩です。あぜ道もあれば、舗装されていない道もあります。もちろん高速道路なども該当しますが、実はそれは買取価格には関わってきます。
車によっては、ちょっと走行距離が長いこともあるのです。ですが高速道路を走っていた車の場合は、話が異なってきます。かなり舗装が充実していますから、車に対してあまりダメージが生じていない事も多いからです。
ですから高速道路を走っていた点をアピールしてみると、車売却の金額が高くなる事もあります。

 

ワンオーナーの車かどうか

それと中古車によっては、ワンオーナーになっている事もあります。車のオーナーが1人だけだったというパターンですが、実はそれはかなり高く評価される傾向があるのです。
現に業者オークションでも、ワンオーナーの車はかなり高く評価されている傾向があり、落札額も総じて高いです。
ですから現在自分が保有している車が、もしもワンオーナーだった時は、それを買取店にアピールしてみるのも一法と言えます。

 

サンルーフが付いているかどうか

それと車によっては屋根部分に対して窓が付いているでしょう。いわゆるサンルーフ付きの車ですが、それもかなり買取価格は高めになる傾向があります。
やはり上記の業者オークションでも、落札額は高めになるのです。
というのもサンルーフがある車は、それが無い車と比べると、開放感があるでしょう。
多くの方々は開放感がある車を高く評価しますから、それに応じて売却額も高めになる傾向があるのです。ですから屋根にサンルーフがある車なども、売却時にアピールしてみると良いでしょう。
このように車には、色々とプラス査定のポイントがあります。お店と交渉をする時などは、このような要素を材料にして、車をアピールしてみると良いでしょう。

このページの先頭へ