女性ならではとなるデリケートゾーンの悩みは、なかなか人には相談しづらい悩みの一つでもあります。

デリケートゾーンの悩みとして痒みや臭いを気にしている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、陰部が生臭いと感じた時の原因や対策方法について解説します。

陰部が生臭い時の原因は?

陰部の臭いが生臭い時は幾つかの原因が考えられます。

  • 陰部の蒸れ
  • おりものが多い、いつもと状態が違う
  • 洗いすぎている
  • 恥垢
  • すそわきが

これらに思い当たる節はないでしょうか?

陰部の生臭さを引き起こす原因となり得る事例を一つ一つを詳しく見ていきましょう。

陰部の蒸れ

下着やストッキング・タイツ、パンツなどを長時間着用していると、どうしても陰部が蒸れてしまいます。

蒸れることで汗をかき、皮膚常在菌と汗が混ざることによって繁殖し臭いを発生させます。

デリケートゾーンでは元々ある体臭とアンモニア臭が加わることによって生臭いニオイが強くなってしまいます。

おりものが多い、いつもと状態が違う

おりものの量には個人差がありますが、普段からおりものの量が多い人は注意が必要です。

おりものが多く付着した下着をそのまま長時間着用することで生臭さの原因となります。

また、おりものは通常”透明・薄い黄色”ですが、白く濁った色や濃いめの黄色であった場合は何らかの異常が疑われます。

おりものの異常は「細菌性膣炎」「クラミジア感染症」「トリコモナス膣炎」「子宮系の病気」の可能性もあるので、いつもと違うおりものや生臭いおりものがあった場合は早めの婦人科の受診を心掛けましょう。

洗いすぎている

陰部の汚れやニオイが気になり、お風呂でキレイにしようと一生懸命洗いすぎてしまうこともNGです。

洗いすぎることでおりものに付着している善玉菌を少なくしてしまい、膣内環境のバランスが崩れより多くのおりものを分泌してしまいます。

おりものの量が多くなると生臭さの原因となりかねないため、原因の解決どころか悪循環に陥ってしまいます。

陰部の洗いすぎには注意しましょう。

恥垢

汗や皮脂、おりものなど陰部に付着する汚れが混ざることで恥垢が出来ます。

洗いすぎは良くありませんが、恥垢を落としきれず溜まってしまうと生臭さの原因となります。

陰部は清潔に保つことを心掛けましょう。

すそわきが

「わきが」とは脇の臭いのことを指しますが、デリケートゾーンにも「わきが」があります。

陰部のわきががすそわきがなのです。

わきがは遺伝によるものが多く、脇のわきがの人はすそわきがである可能性が高いとも言われています。

遺伝の他にも食生活やストレスからすそわきがになる人もいます。

陰部の臭いはストレスや疲れにも注意!?

陰部の臭いであるため、原因はデリケートゾーンだけにあると思われがちですが、実は免疫力が下がっている状態でも膣内環境が悪化すると言われています。

仕事だけに限らずプライベートにおいてもストレスを多く溜めていたり、身体が疲れている人は陰部の生臭さの原因となっている可能性があります。

また、免疫力が低下からおりものの異常に繋がることもあります。

免疫力を上げるためには「バランスの良い食事」「適度な運動(基礎代謝を上げる・血流を良くする)」「質の良い睡眠」が大切です。

22時~翌2時の間は特に免疫力が低下しやすい時間なので、その間はしっかりと質の良い睡眠を心掛けましょう。

少しの気遣いからでも免疫力アップに効果があります。

陰部が生臭い時の対策方法は?

上記に挙げたような事例が陰部の生臭さの原因として考えられますが、原因を理解した上でニオイをそのまま放置しておく訳ではなく対策を取ることや、悩みを解消させていくことが一番です。

陰部の生臭さを解消させるために出来ることを幾つか挙げていきます。

蒸れないような服装を心掛ける

下着は必ず着用すると思いますが、蒸れ対策には蒸れづらい下着を着用することをおすすめします。

下着の素材としてアクリルやポリエステルなどの化学繊維は通気性が悪く蒸れやすいため、シルク(絹)やコットン(綿)といった通気性の良い天然素材を使用した下着が蒸れ対策には最適です。

また、厚手のタイツやスキニーパンツなど身体に密着した衣服も蒸れの原因となりかねないので、スカートを履いてみること、ゆとりのあるパンツを選ぶようにすることも一つの方法です。

陰部を清潔に保つ

先ほども言ったように陰部の洗いすぎは良くありませんが、お風呂で身体を洗うときは恥垢を丁寧に優しく取り除くこと(なで洗いでOK)に気をつけましょう。

また、しっかりとケアしたい人のためにデリケートゾーン用の石けんも売られているので、それらの商品の使用も検討してみると良いでしょう。

おりものシートを使う

1日に何度も下着を取り替える人はあまり居ないと思いますが、おりものの量が多い人でも下着を取り替えることなく快適に過ごす方法としておりものシートを使用することをおすすめします。

おりものシートはナプキンのようにかさばることもなく、下着だけを履いている感覚で過ごせるうえ、蒸れ感を抑え量の多いおりものであっても、こまめにおりものシートを取り替えることでいつでも清潔な状態を保つことが出来ます。

除毛する

アンダーヘアがあることで蒸れやすくなり雑菌を繁殖させたり、臭いの原因となることも。

アンダーヘアを適切に除毛することで臭いが気にならなくなる場合もあります。

自己処理の場合は陰部を傷つけたりしないように注意しながら行いましょう。

デオドラントクリームを塗る

すそわきがの可能性がある人のための商品として、陰部にクリームを塗ることで雑菌の繁殖を抑えたり臭いを抑える効果のある専用デオドラントクリームがあります。

クリームを塗るだけでは根本的な解消にはなりませんが、一時的にでも悩みを軽減させることは可能です。

婦人科を受診する

おりものに異常が見られた場合はもちろんのこと、陰部の蒸れ対策をしたり、陰部を清潔に保っているにもかかわらず一向に生臭さが解消されない場合は早めに婦人科を受診してみましょう。

膣炎や感染症であった場合でも適切な処置を行うことで、短期間で症状が改善されることも多くあります。

おりものの異常の場合は市販薬などには頼らずに医師の治療を受けることが大切です。

すそわきがの診療科

すそわきがの治療を考えたときに、何科に受診したらいいのか迷ってしまうかもしれません。

もちろん婦人科でも受診可能ですが、婦人科以外にも皮膚科・形成外科・美容形成外科/美容整形外科でも診てもらうことが出来ます。

まずは婦人科ですそわきが以外の病気の可能性を診断してもらうと安心でしょう。

すそわきがの場合は皮膚科(内服薬・外用薬にて治療)、もしくは形成外科(アポクリン汗腺などを摘出する手術)での治療となります。

美容形成外科/美容整形外科では保険が適用されませんが、レーザーや超音波などを使用し治療を進めていきます。

適切な対策で悩みを解消させましょう

陰部が生臭い時はまず自分なりに原因を探ってみることから始めましょう。

思い当たることがあれば、自宅で簡単に出来ること・少しの心掛けで解消されることもあります。

大切なことは陰部を清潔に保つことです。

どうしても解消されない場合は、何かの病気である可能性もあるので婦人科をはじめ専門科の医師へ早めの相談をしてください。