「なんだか陰部が“おしっこ臭い”気がする」とお悩みではありませんか。

デリケートな部分の問題ですので誰かに相談するのも難しいですし、人知れず悩んでいる女性も少なくはありません。

そこでここでは、女性の陰部がおしっこ臭い状態になる原因と、その対処法について説明していきます。

陰部の臭いについてお悩みの女性は、ぜひ参考にして下さいね。

陰部がおしっこ臭い原因

尿や便などの排泄物が残っている

陰部が“おしっこ臭い”と感じられるときは、まず読んで字のごとく「おしっこ(尿)や便」などの排泄物がきちんと拭き取られておらず、陰部に残ったままであることが考えられます。

女性の陰部はかなり入り組んだ構造になっていますので、ご自身ではしっかりと拭き取り、ウオシュレットやシャワーなどで清潔感をキープしているつもりでも完全には綺麗になっていない場合も多いのです。

このような尿や便、分泌物などが乾燥して固まり性器周辺に付着したものを“恥垢(ちこう)”といい、これを放置しておくとおしっこ臭くなるばかりでなく、細菌に感染する可能性もありますので注意しましょう。

アンダーヘアの処理が出来ていない

アンダーヘアの処理が不完全な場合はそこに恥垢などが残りやすいといわれており、これが原因で陰部からおしっこの臭いがする可能性があります。

とくにアンダーヘアの量が多い女性は陰部が蒸れやすい状態なので、汗と尿や便などの臭いが重なりやすいので、気を付けて下さい。

陰部を洗いすぎている

陰部が不衛生な状態であることもおしっこ臭い原因となりますが、だからといって洗いすぎてしまうのも良くありません。

一般的な石鹸やボディソープはアルカリ性であり、これが膣内に侵入することにより酸性の“おりもの”に付着している善玉菌を殺してしまうからです。

善玉菌が殺されてしまうとおりもの内の成分バランスが崩れてしまい、結果としておりものが増えてしまいます。

そしておりものが増えることにより、陰部の臭いも強くなってしまうのです。

おりものの分泌過多

“おりもの”とは子宮頸部や子宮内膜、膣から出る分泌物のことです。

おりものは膣内部の潤いをキープしバリアを張ってくれたり、膣内の汚れを輩出してくれたりする女性にとって非常に大切なものなのですが、何らかの理由により正常値より多く分泌されると臭いの原因となります。

その原因とは、上述したように陰部の洗いすぎなどが挙げられるほか、月経やホルモンバランスの乱れなども関係しているといわれています。

とくに排卵日が近い日は妊娠しやすい状態になるため、おりものの分泌過多になりがちです。

またストレスなどによる女性ホルモンの乱れも、おりものの分泌に関係している可能性があります。

おりもの自体に“すっぱい臭い”がありますので、分泌が増えることにより陰部に残った尿と混ざりあい、おしっこ臭いと感じられることもあるでしょう。

排卵日前など特定の期間だけ陰部がおしっこ臭い場合は、おりものが原因である可能性が考えられますね。

汗による蒸れ

汗による蒸れも女性の陰部が臭う原因の一つであるといわれています。

ただし、実は“汗”そのものは無臭です。

それでは何故、ニオイが発生するのでしょうか。

これは「皮膚常在菌」が原因であるといわれています。

汗の中で皮膚常在菌が繁殖し、それがアンモニア臭と結合することで、人によっては“おしっこ臭い”と感じられるのです。

細菌感染症などの病気

陰部から強いアンモニア臭が発生している場合、細菌感染症などといった“病気”である可能性もあります。

尿は腎臓から尿管、膀胱、尿道という道順を辿って体外へと排泄されるのですが、これらの経路のうちのどこかが細菌に感染している場合、陰部がおしっこ臭いと感じられるケースもあります。

どんなケアをしてもおしっこ臭さが改善されない場合は、腎盂腎炎や膀胱炎などといった疾患が疑われますので、十分に注意してください。

陰部がおしっこ臭い時の対策方法は?

陰部がおしっこ臭いときは、具体的にどのような方法で対処すればよいのでしょうか。

基本的には陰部を清潔にするこが最優先ですが、その方法を間違えてしまうと反対におしっこ臭い感覚が強くなってしまう可能性があります。

そのようなことのないように陰部を正しくケアして、ニオイ対策をしていきましょう。

陰部は毎日正しく洗浄する

陰部がおしっこ臭いときは、まず恥垢や雑菌を除去しましょう。

ただし、一般的なボディソープで洗うのはNGです。

ボディソープでは洗浄力が強すぎるため、デリケートな陰部に使うと炎症を起こしてしまうなど様々なリスクがあります。

それでは、何を使えばいいの?と疑問に思われるかもしれませんが、これは「デリケートゾーン専用洗剤」を使用して下さい。

デリケートゾーン専用の石鹸であれば女性の陰部に適していますので、おしっこ臭いときの対策に一役買ってくれます。

また、いくら専用のものを使っても、ゴシゴシと強く洗ってはいけません。

優しく撫でるように洗ってケアすることが大切です。

なおデリケートゾーン専用石鹸はドラッグストアほか、通販などで手軽に購入することが出来ますよ。

おりものシートや生理用ナプキンは小まめに取り換える

仕事や家事、育児などに追われている女性はなかなかトイレに行く時間がとりにくいものですが、おりものシートや生理用ナプキンは最低でも2~3時間おきに交換しましょう。

同じものを長時間身に付けていると汗やむれ、雑菌繁殖の原因となりおしっこ臭さが強くなる危険性があります。

また、タンポンは雑菌繁殖の原因となりますので、ニオイが気になるときは使用を避けるようにして下さい。

排尿後のおしっこは正しい方法で拭くこと

女性の陰部の臭いケアにおいて、意外と見過ごしやすいポイントが「排尿後のおしっこの拭き方」です。

一般的に後ろから前に拭くのは間違いで、前から後ろに拭くのが正解だとおもわれがちですが、最近ではこれも間違いであるといわれています。

それでは、どのような方法が正しいのでしょうか。

それは、“入口周辺に優しくトイレットペーパーを押し当て、5~10秒程度キープし吸い取る”という方法です。

ポイントは、決してトイレットペーパーを動かさないこと。

動かしてしまうと摩擦によって陰部に小さな傷が出来てしまい、それが積もりに積もることで細菌が繁殖したり炎症が起きたりします。

これではニオイの原因になってしまいますので、トイレットペーパーは動かさないようにしましょう。

これを気を付けるだけでも、おっしこ臭い感じが解消する可能性があります。

下着は小まめに交換する

下着の交換はお風呂上りのみという方も多いのではないでしょうか。

でも、陰部がおしっこ臭いときはお風呂上りに限らず、下着が汚れたと感じたときや運動などで汗をかいたときなど、小まめに交換して清潔に保つことが大切です。

外出時は替えの下着を持って歩くようにすれば、いざというときにすぐ交換出来て便利ですよ。

ケアをしても改善されない場合は病院へ

様々なケアをしても、陰部がおしっこ臭い状態が改善されない場合は専門の医療機関に相談しましょう。

細菌に感染している場合はお薬を飲むだけで改善する可能性もあります。

長期間放置すると悪化する場合もありますので、出来るだけ早めに泌尿器科または婦人科を受診して下さい。