デリケートゾーンの悩みは、他人に相談することができずに一人で抱え込んでいる方は多いと言われています。

そのなかでも「陰部の臭い」は、パートナーに知られることがあるので、女性のなかではとても深刻です。

絶対に知られたくないと思っている方も多いはずです。

そのコンプレックスから、恋愛をうまく発展させることがでずに、お別れしてしまっりと、悩んでいる方が意外にも多いのは事実です。

陰部の臭いが原因で、せっかくの出会いを無くしてしまうのはとても残念なことです。

そんな悩みに寄り添うために、開発されたのが陰部の臭い対策ができる、専用石鹸です。

陰部の臭い対策石鹸の選び方は?

通常、よく使用するボディー用の石鹸やハンドソープと、陰部専用の石鹸の大きな違いは、その成分と、肌への優しさです。

より品質がよく、納得のいく石鹸を選ぶための3つのポイントは。

陰部の臭いに対して有効か

臭い対策として選ぶので、もちろんこの成分は一番重要な部分ですよね。

いくら良い香りがしていても、根本的な陰部の臭いに有効でなければ意味がありません。

臭いの原因は、婦人科系の病気が隠れていることによる場合もあり、その場合は痒みが伴うことや、おりものに異常があることが多く病院での相談をおすすめします。

しかし、原因として一番多いと統計的に言われているのは陰部に雑菌が繁殖することによるものです。

雑菌は、繁殖する時に老廃物を出すのですが、この老廃物が陰部の嫌な臭いにおいの原因です。

陰部は、湿度も高く汗も出やすい場所で雑菌が繁殖するにはもってこいの場所なのです。

そこで、臭いを抑えるためにボディー用の石鹸で洗ってしまっている方はちっとまってください!

確かに、ボディー用の石鹸には洗浄力もあり香りも良いものが多いです。

しかし、陰部はとてもデリケートな部分で、ボディー用の石鹸では刺激が強すぎてしまいます。

その上、陰部の臭いには自浄作用を行うデーデルライン桿菌の存在がとても大切なのですが、ボディー用では、そのデーデルライン桿菌も一緒に排除してしまいまい、これでは陰部の臭いがなかなか改善されなくなります。

陰部の専用石鹸は、そのような事を防ぐものが多く、弱酸性で作られてることがおおいです。

さらに、天然成分のみで無添加のものを選ぶと、より陰部への刺激は少なくなり優しく洗うことができるのでおすすめします。

成分としては、ミョウバンやスクワランなんかも臭いを予防する成分として有効です。

コストパフォーマンスは大切

陰部の臭いは、先に述べたように雑菌からくるものが多いです。

コストパフォーマンス自体が、直接的に臭いの減少に繋がるわけではないのですが、使い続けていくにはとても大切なポイントになります。

臭いが減少していくのには、陰部の環境改善が重要になりますが、もちろん1回だけの洗浄で環境改善ができるわけではありません。

毎日の優しいケアの積み重ねで環境がよくなり、陰部の嫌な臭いもなくなっていきます。

これには個人差もあり、早く良くなるかも方いれば、効果を実感するまでに時間がかかる方もいます。

このように、たかが石鹸ですがこれから長く使用するためにはコストパフォーマンスは必須条件となります。

高価なものや安価なものなどさまざまな陰部専用石鹸が販売されていますので、ご自身が続けやすく肌に合うものを選んでください。

臭い対策以外の「付加価値」があるか

臭いの対策をしながら更にそれ以上の嬉しい効果が付帯していると、1つの石鹸でその他のケアができるので一石二鳥ですね。

代表的な女性の陰部についてのトラブルは、臭い・黒ずみ・かゆみと言われています。

女性は、月経やおりものなどでデリケートゾーンの悩みと常日頃から長い年月の間、付き合うことになります。

せっかく専用の石鹸をしっかり選ぶのであれば、このような悩みも同時に解決できるものを選ぶことをおすすめします。

美白成分や、潤い成分などが配合されているものも多いので、より快適な陰部環境になるために、臭い以外にも付加価値があるものを選びましょう。

陰部の臭い対策石鹸の効果とメリットは?

陰部の臭いは、座ったときや下着を脱いだときに、自分で分かるほどの嫌な臭いを放つことがあります。

そして、それは自分だけではなく廻りに居る人やパートナーにも知られているかもしれません。

陰部の専用石鹸は、普段の生活をなにも変えずに体を洗うタイミングでデリケートゾーンを陰部専用石鹸で洗浄するだけでケアすることができる簡単なアイテムです。

陰部の使用を目的とした専用の石鹸であるため、消臭力はもちろんのとこ、効果が長時間続くことも特徴です。

特別な薬を毎日塗るのではなく、サプリを毎日飲むわけではなく、毎日の生活でお風呂にはいるときに石鹸を使うだけです。

見た目も普通の石鹸と変わらず、固形やソープタイプ、ジェルタイプとさまざまなので選びやすいのもメリットで、更に、とってもお手軽に取り入れることができるにも関わらず、その効果は実感しやすいのが陰部の臭い対策石鹸の良いところです。

外泊などでも、石鹸を小さく切ってトラベルケースにいれて出掛ければ、旅行先でも陰部の臭いを気にすることなく旅を楽しめます。

また、カップルであれば陰部の臭いが石鹸のみで解決できることで、気づかれることなくコンプレックスがなくなり、関係もきっと良好になるでしょう。

効果には個人差があるものの、大抵の方は継続して使用することで効果の実感を得ることが出来ます。

陰部の臭い対策石鹸で使用する上での注意点は?

デリケートな部分に直接使用するものなので、注意点はいくつかあります。しっかり守って使用することで石鹸本来の効果を得やすくなります。

しっかり泡立てること

デリートな陰部を洗う際は、ゴシゴシと体を洗うように力を入れるのはご法度です。

出来るだけ優しく丁寧に洗うことが理想的ですので、専用の泡立てネットでしっかりとキメの細かい泡を作りましょう。

泡立てネットを使用すると、簡単にモチモチとした濃厚な泡を作ることができるのでおすすめです。

石鹸に専用のネットがついていない場合は、100円ショップなどで購入したものでも問題ありません。

洗う頻度や回数に注意

お風呂で1日1回、陰部の臭い対策として使用し洗うのはとても効果的ですが、1日に何度も必要以上に洗うと陰部はどんどん敏感になってしまいます。

現在では、トイレでのウォシュレットなどでも刺激を受けることが多いため、洗いすぎはかゆみを引き起こす原因になるおそれがあります。

基本的に石鹸を使用するのは、1日に1度と決めて丁寧に洗浄しましょう。

洗いのこしがないように、しっかりと濯ぐ

これは、基本的なことですが、どれだけ石鹸で綺麗に丁寧に洗っても、泡が残っていたり洗いのこしがあると、痒みやカブレの原因になります。

綺麗に陰部を洗ったあとは、しっかりとシャワーで洗い流すように心がけてください。

せっかく石鹸で臭いが押さえられても、石鹸の残りカスで雑菌が繁殖してはもともこもありませんので注意してください。

最後に、石鹸の注意ではありませんが、陰部の洗浄をしたあとは清潔なタオルでしっかりと水分を拭き取ってください。

湿度が高くなりがちな陰部ですが、お風呂上がりは一度しっかり乾燥させ、雑菌の繁殖を最小限にとどめるように気を付けてください。