彼氏とHなことをするときに、臭いがきついといわれるような経験をされる方もいると思います。

ちょっとしたにおいでしたら、人間ですから感じるようなことがあるのは仕方がないでしょう。

ですが、人によってはちょっと考えられないくらい強烈なにおいが出るような方もいます。 

とても強烈過ぎて普通の男性でも耐えられないようなレベルの方もいますが、そこまでひどいととてもじゃありませんが、女性としても本当に困ったものです。

なんせにおう場所が場所ですから恥ずかしいってものじゃありません。

手に臭いがこびりついたりするような状況や、服を脱いだだけでも強烈だったりすると、恥ずかしくて体をさらしたくない人も出てくるでしょう。

そんな女性のあそこの臭いの原因になるものとして、マン汁が原因になるケースもあります。

マン汁がなぜ臭いの原因になるのでしょうか?

マン汁が臭う原因と対策について紹介したいと思います。

マン汁が臭いと考えられる原因は?

体調や食事の問題

基本的にマン汁というのは酸性でありますので、ちょっと酸っぱいような感じがするわけでありますので、臭いが全くしないというのは基本的にありません。

人によって臭いもちょっと違ってきたりもしますが、基本的にはそこまで強烈なにおいというのははっしないものです。

ただし、体調によってマン汁の成分や量というのは変化するようなことがあります。

例えば食事面で肉関連のものが多かったりしますと、わきがのように臭いが出やすい成分が膣内からも分泌されます。

マン汁には汗も交じっていますので、わきが同様ににおい成分が出る可能性が強くなりますので、食事面というのも非常に大事です。

わきがと同じように、ストレスやホルモンバランスの変化によって、汗の成分が変化するようなこともあります。

そういったときにも食事面と同様の変化が出ますので、臭いがきつくなるような変化を生み出します。

その他にも、整理中だったりする場合のホルモンバランスの変化や、運動をしないこと、肥満によって汗をあまりかかないために、臭いが比較的発生しにくい汗が出にくかったりするようなこともあります。

セックスの時に、マン汁の量が増えてくることによって、臭いが急激にきつくなってくるような原因には、体調や食事面の変化によって、きつい臭いの物質がでることが原因になっていることもあります。

マン汁の少なさによる細菌の繁殖

マン汁の分泌が少なすぎるような場合であっても、マン汁が少なすぎることによって臭いが発生するようなことがります。

マン汁については、基本的に殺菌作用というものが存在しており、本来であれば臭いの原因となる菌を退治してくれる機能を有しています。

ですが、体調面などの影響によってマン汁事態が少なくなってしまいますと、雑菌が増えてしまう原因になってしまいますので、臭いがきつくなってしまうことがあります。

マン汁が少なすぎることによって、かえって臭いが出てしまうようなこともあります。

マン汁が毛などに残ってしまっているケース

マン汁があそこの毛などに付着したまま残ってしまっていると、そこから雑菌が繁殖してしまって臭いが出るようなこともあります。

毛の部分というのはもじゃもじゃしていますので、しっかり洗ったと思っていても汚れが残っているようなこともあります。

残った部分から生き残った細菌が増殖することによって、臭いにおいを出してしまったりするようなことがあります。

マン毛の処理がされているような場合ですと、そういった可能性が少ないのですが、毛深かったりするような場合ですとより臭いがで発生しやすいので注意が必要です。

性病の可能性

マン汁が臭う原因のなかで厄介な理由の一つに、性病の可能性があったりします。

性病の場合ですと、マン汁だけではなく、おりものといったものも大きな変化があったりします。

マン汁もおりものも通常は無色透明で、混ざり合うと白くなったりするようなものではありますが、性病の場合には実に様々な症状を示すものがあります。

例えば、マン汁やおりものの色に関して、本来の無色透明や白色の物ではなく緑色であったり黄色であったりします。

色が違っているような時は、性病の可能性がかなり高いです。

また、臭いについても通常とは違って魚が腐ったようなにおいであったり、かなりきつくて強烈なものであったりとかなり特徴があるケースもあります。

この部分も明らかに異様なものですから、すぐに病気を疑ったほうがいいでしょう。

その他にも、膿がたまっていたり、排尿時に痛みがあったりするような特徴が出たりしたときには、性病が原因になっている可能性があります。

性病の種類については、クラミジアや淋病、膣カンジタなど様々な種類があります。

マン汁のニオイが臭い時の対策方法は?

きれいに清掃するための専用のものや、デオドラントを使う

マン汁がくさいのを対策するために一番有効なのは基本的ににおいのもとを消すためにきれいに膣付近を掃除をすることでしょう。

膣内は基本的にデリケートな部分でありますから、デリケートな部分を洗うための専用のものを利用して、臭いのもとを取り除くといいでしょう。

ただし、洗いすぎてしまうと、今度は膣内のマン汁が異様に少なくなってしまうことによって、かえって雑菌が繁殖しやすいような環境をつくることもあります。

洗い過ぎには注意して、優しく洗うように心がけてください。

また、マンコの臭いに対応するために制汗、殺菌、保湿、臭いの制御といった効果のある薬用のデオドラントもありますので、臭いに困っているときには利用してみるといいでしょう。

適度な清潔さが、臭いを取り除く要因となるのです。

生活習慣については、ワキガといったものと同様の対策が有効

先に紹介しました通り、マン汁がくさい原因の中には、食生活やストレス、睡眠時間など生活習慣の面での原因もあります。

生活習慣で変化したホルモンバランスを整えることによって、神経の動きを安定させれば、ワキガのように臭いの原因となる汗の分泌を下げることができます。

臭いの原因となるような食事を減らしたり、汗をしっかり描いたりする運動習慣を身につける、太りすぎない、良く寝るといった対処によって臭いの原因となる汗を防ぐことによって、マン汁の臭いを改善させるのです。

性病の場合には病院に通院すべき

マン汁の臭いが万が一性病に感染しているような場合には、病院に言って治療する方法が推奨されます。

性病に関しては、病院で治療をしなければ感知しないものが大半です。自己判断で簡単に治せるようなものではありません。

状況によってはパートナーにも感染していることもありますので、パートナーもしっかりとした治療をしないと感知することはできなくなります。

性病の場合には、単に病気であるというようなだけではなく妊娠などにも影響が出ることや、他の性病にも感染しやすくなるようなケースもあります。

ですので、性病が発見されたような時には、早めに治療をして改善しましょう。

マン汁の臭いはデリケートな部分でありますので、臭いがきついというのはそれだけでコンプレックスにまでなる可能性があるものです。

臭いが気になるときには、ぜひ色々な面を見直すことをお勧めします。 

そうすることによってパートナーとの関係も交わさずに済みますし、快適な状況を作ることができるでしょう。