陰部がイカ臭いと悩んでいるのはあなただけではありません。

陰部の悪臭や異質な臭いに悩んでいる方は多いです。

生臭さ、牛乳が腐ったような臭い、雑巾の臭い、魚の臭い、ごみのような臭い、など表現はさまざまですが、臭いことにはかわりありません。

なかでも多くの方が訴えるのがイカの臭いのような悪臭がするということことです。

陰部がイカ臭いニオイがする場合は病気なの?

イカの臭いがするのは、陰部が病気である可能性を否定できません。

それは、イカや生ぐさい臭いがするのは、細菌性膣炎などの可能性があるからです。

細菌性膣炎になると、オリモノが出て、生ぐさい臭いやイカや魚の臭いがしてきます。

このときのおりものは、水のような感じで、量は多めです。

時間が過ぎると、黄色や黄緑色になってくることもあります。

思い当たるような性交渉の経験がないという方も、実は可能性があります。

それは、細菌性膣炎は、性感染ではないからです。

ストレスや風邪、薬などの影響で発症するので、知らないうちに発症していることがあります。

細菌性膣炎は、お薬による治療でほとんど場合はよくなりますが、再発することが多いことでもしられています。

膣内の免疫力が下がると、外部の菌に攻撃されやすくなります。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、同じく陰部からイカ臭いや、生臭いなどが起こります。強い臭いのあるおりものがあるのが特徴です。

おりものは白く泡状になっているので、外陰部につくと痒みが発生します。

トリコモナス膣炎は、1~2週間は菌が生息していますので、その間は薬を飲み続けなければいけません。

トリコモナス膣炎は、性交渉で感染しますので、もしご主人やパートナーの方にそういった経歴があれば注意が必要です。

クラミジア感染症

クラミジア感染症は、水のようなおりものが増えて、生臭い臭いがします。

日本で最も多い感染症とも言われていますので、比較的かかるひとが多いです。

自覚症状があまりないので、子宮頸管炎、骨盤内付属器炎、肝周囲炎、不妊などの検査などで始めて気が付くという方も少なくないです。

クラミジア感染症が慢性化すると、不妊や早産、流産などにも繋がるので早めに予防しておかなければいけません。

抗生物質で治療できるので、病院への通院をおすすめします。

このようなデリケートゾーンの病気以外でもいくつかの要因があります。

ホルモンバランス、肌の乾燥などですが、もしその前に気になることがあればまずは産婦人科医や皮膚科医などに相談することをおすすめします。

陰部がイカ臭いニオイがする原因は?

陰部がイカの臭いがするのにはいくつかの理由が考えられます。

生理やおりものの臭い

生理の経血やおりものは特有の臭いがします。

生理前は、汗や皮脂、オリモノが増えるのが原因となります。

そして生理中は、経血やナプキンによるムレが原因となります。

生理後は、生理用品の長時間使用により肌が乾燥したりすることが原因となります。

生理前は、ベタベタの臭いオリモノが増えます。

生理前は、オリモノや汗、皮脂分泌物の量が増えるのがこの臭いの原因となります。

女性は、排卵日の後から生理になるまでの間に、膣内をオリモノで潤しますが、これがおりものが生理前に増える原因です。

生理前におりものが増えて臭いがするのは、ホルモンバランスの乱れが影響しています。

生理中は、経血が増えるので臭いが酷くなりやすく、これらは蒸れて雑菌と合成するとさらに臭いがひどくなります。

ナプキンについて経血が雑菌と合成して繁殖します。

生理後には、ナプキンやおりものシートの長時間使用で臭いが染みついてしまったり、肌が刺激を受けてダメージを受けると乾燥しやすくなります。

汚れが残っている

デリケートゾーンのは凹凸が多いので、汚れが溜まりがちです。

このような部分をきれいに保つには日々洗浄をしたり、スキンケアする必要があるのですが、なかなかそこまで細部のケアが行き届いている方は少ないです。

それが汚れのたまりの原因となります。

すこしずつ蓄積されると、どんどん臭いがひどくなってきます。

汗の臭い

これはワキガと同じようにスソワキガという体質的に臭いを発生する方がいます。

スソワキガは、ワキガ体質と同じく遺伝的要因の影響が強く、生まれつきアポクリン汗腺という強い臭いのある汗をだす汗腺が発達している方に生じます。

このような臭いは、季節や温度、生理時期かどうかにかかわらず始終発生しますが、他の要因のための臭いと合わさるとさらに酷い臭いになります。

四つ目は、さきほどご説明しました性病や皮膚病などの要因です。これらは、決して少なくありませんが、気が付かれていない方は意外と多いです。

陰部がイカ臭い時の対策方法は?

それでは、このような陰部のイカ臭い臭いには、どのように対策すればいいのでしょうか。

専用ソープで清潔にたもつ

先ほどお話しましたように、ほとんどは生理やおりものの特有のにおいと、汚れ落としの残ったものが合わさって臭いがしたり、さらに体質的な要因でさらにそれを酷くするというような悪循環、あるは複合的な要因でデリケートゾーンの臭いは起こっているので、まずは清潔に保つことが重要となります。

デリケートゾーンを清潔に保つには、まずは日々の洗浄が必須となります。

洗浄といっても、ただゴシゴシと洗えばいいというものではありません。

デリケートゾーンのお肌は、体の他の部位と比べてお肌がデリケートで薄いのが特徴です。

そのため、少しの刺激で傷つきやすく、無理な洗浄や、強い洗浄成分のある石けんやボディーソープなどであらうと逆効果になることもあります。

そのため、できるだけデリケートゾーン専用のお肌に優しい洗浄剤や石けんで洗うようにしましょう。

最近は、デリケートゾーンのお肌に特化した製品が発売されています。

デリケートゾーンのお肌ケアを行う

実は隠れたデリケートゾーンの臭いの原因として、乾燥や肌トラブルもあります。

このような肌の悪い状態を改善するには、お肌のケアが必要になってきます。

デリケートゾーンのスキンケアとしてローションなどでお肌の状態を保ち、保水、保湿しておくことをおすすめします。

ムダ毛処理をする

陰部の臭いはムレや汚れ落としの残りが原因となることはお話しましたが、この原因となるのがムダ毛がきちんと処理していないということです。

ですので、ムダ毛をきれいに処理しておけば、洗浄もしやすくなりますし、汚れがムダ毛に付着して臭いの発生のものとなることもありません。

ただし、間違えたムダ毛処理や、ムダ毛処理のし過ぎは逆効果です。

ムダ毛処理は、できるだけ回数を控え、正しい方法でおかなわないといけません。

でないとお肌に傷をつけたり、それが肌のダメージに繋がり、乾燥や肌とラブの原因となることもあります。

四つ目は、もし性病や皮膚病などの可能性があると感じる場合は、医師へ相談をするようにしましょう。

これらは薬でよくなることが多いので、早めの診察がおすすめです。