女性にとって、デリケートゾーンの臭いは気になりますよね。

いろいろな臭いがあるでしょうが、あそこがネギ臭いという時はありませんか?

思わず「ウッ」と顔をしかめてしまうようなネギのようなにおいになってしまったときの原因についてみていきましょう。

陰部がネギ臭い時の原因は?

陰部に汗をかくこと

特に夏の暑い時期などには、陰部にも汗をかいてしまいますよね。

実はこのときに気をつけなければならないのは、陰部にはアポクリン腺が分布しています。

これは、「腋臭症」つまりワキガの原因となる汗をかくものとなるのです。

ワキガというと、ワキの臭いがきついというイメージがありますが、これはアポクリン腺があればどこでも発症します。

陰部の場合は、その部位にある常在菌が、アポクリン腺から出てくる汗に含まれる脂肪やアンモニア、尿素などを分解することで、ネギのような臭いを発するのです。

これをすそわきが(外陰部臭症)と呼ばれている症状です。

もともとワキガ体質の人は、注意しなければなりませんね。

耳垢が湿っていたり、服のワキの部分が黄色くなったりするような人はワキガ体質と言われています。

ただし、これらは本来フェロモンの要素をもつものですから、あまり気にならなければ過剰な対処をする必要はありません。

それでも陰部がネギ臭く気になる方は、専用ソープやクリームの対策商品があります。



生活習慣

陰部、そして膣内環境は腸内環境とも近いものがあります。

普段の生活習慣の積み重ねが、体質を形成してしまうことも十分考えられます。

例えば、肉や揚げ物を多く食べる傾向がある人や便秘ぎみの人は、腸内環境を崩してしまうことがあり、ひいてはデリケートゾーンの周辺環境をも崩すこととなります。

また、脂っぽいものを多く食べてしまうと、これも陰部の臭いが強くなってしまいます。

さらに、口臭にもかかわるようなニンニクやニラ、ネギ類も陰部の臭いを強くしてしまうことがあります。

なお、これらの食べ過ぎは膣内の臭いだけではなく、尿の臭いもついてしまうので、覚えておきましょう。

女性は特に便秘の症状を持つ方が多いです。腸内環境をしっかり整えておきましょう。

ちなみに、陰部の臭いがきついからと言って、過剰に洗わないようにしましょう。

刺激を与えすぎると傷みますし、かえって臭いを強くしてしまうことになりかねません。

ストレス

ストレスによって、免疫力が落ちていくなかで、陰部の臭いがきつくなることがあります。

これは精神的なストレスはもちろんのこと、身体的なストレスにも左右されます。

例えば、仕事などで疲れすぎているときは、膣内環境が悪化してしまいます。

また、身体を冷やしすぎてしまうことで陰部がネギ臭くなることもあります。

実は冷たい飲み物やアイスクリーム、かき氷のようなものを食べ過ぎると、臭いが強くなってしまうこともあります。

病気・感染症

これまで臭いが気にならなかったのに、最近突然臭ってきたとなれば、要注意かもしれません。

生活習慣を振り返って、特に心当たりがない場合は、病気や感染症を疑ってみましょう。

一般的には「細菌性膣炎」という、先述の免疫力低下などが原因で膣内に細菌が入り、炎症を起こすことがあります。

なお、性感染症の可能性も捨てきれませんので、不安であれば婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。

陰部がネギ臭い時の対策方法は?

陰部がネギ臭い時の原因がわかったら、今度はそうならないよう対策を講じるべきですよね。

臭いが気になるなら、原因を取り除きましょう。

デリケートゾーンのケア

ワキガ体質だという人は、陰部周辺にもアポクリン腺が分布しているので、臭いがきつくなってしまうでしょう。

完全に治すとなれば、アポクリン腺を除去するということになるでしょうが、ワキ以外の除去はあまり聞くことがないです。

むしろ、お手洗いのときなどを利用して汗を拭くなどのケアを地道に重ねたほうがよいですね。

なお、臭いを抑える専用ソープやクリームを利用をおすすめします。



また、入浴時にも優しく水洗いしてあげましょう。

注意点は、洗いすぎないことです。

陰部の過剰な洗浄が炎症を起こすこととなってしまい、悪化させてしまうことがあります。

生理期間中は、ナプキンやタンポンなどの生理用品を交換する際にも気を使いましょう。

あまり交換しないと衛生的によくない状態となり、細菌の侵入を引き起こすことがあります。

生活習慣の改善

生活習慣を変えることで症状が和らぐのであれば、すぐにでも変えたほうがいいですよね。

例えば食事内容です。肉ばかりを毎日食べると腸内環境を悪くし、膣内環境にも影響します。

魚や野菜なども積極的に食べて、バランスのとれた食事を意識していきましょう。

腸内環境を改善するために、ヨーグルトを食べるのもいいですね。

運動もしっかり取り入れて身体を活性化させ、便秘を解消させることで、陰部のネギ臭さをなくすことができます。

ストレス解消

ストレスも臭いを発生させる要因の一つですから、それを解消することが大事です。

職場での悩み、人間関係、自分に対するストレスはありませんか。

これらをそのままにせず、ストレスを解消していきましょう。

自分の趣味に没頭する、友人とランチにいく、彼氏と楽しいひとときを過ごす、運動をするなどしてリフレッシュしましょう。

ストレスを溜め込むことは、身体のあちこちに影響が出ます。

解消できるときに、しっかり解消しましょう。

疲労を溜めない

日々仕事をしたり家事をしたりして疲れていませんか。

人間は究極的に疲れてしまうと、アンモニアのような疲労臭がするようになります。

そこまで行かなくても、陰部が臭うということは当然出てきますよね。

休日はしっかり休養をとることが大切ですよ。また、栄養のある食事も必要です。

睡眠・運動・食事の三要素をしっかりとることで、臭いの強さもおさまっていきます。

疲労回復のために簡単なストレッチなどをして疲労物質を排出するよう促すのもよいでしょう。

病院への受診

自分でできる対処法をすべて行っても改善の見込みがなさそうであれば、やはり病院で診てもらうのがよいでしょう。

婦人科、あるいは泌尿器科を受診してみましょう。

感染症であれば、しっかりと治療することが肝要です。

塗り薬などが処方されますから、用法・用量を守って使いましょう。

抗生物質を服用すると、かえって免疫力が低下して臭いを強めてしまう可能性があるので注意しましょう。

尿の臭いが気になるという場合も同じです。検査して原因を突き止めて、適切な治療法をすることが必要です。

日々のケアでデリケートゾーンを守ろう

陰部がネギ臭くなったとは言っても、基本的には下着まで脱いでかがない限りは気にならないと思います。

ですから、ちょっとした臭いであればあまり気にしすぎるのはよくありません。

かえって、それがストレスとなって臭いを強くしてしまいます。

服を着ていて、少し離れていても臭うとなれば、スソワキガの可能性は否めません。

生活に支障をきたすようであれば、何らかの対処、あるいは医療機関への受診をお勧めします。

しかし、まず大切なのは日頃のデリケートゾーンのケアの積み重ねです。

そして、毎日の生活習慣を気を付けることで、美しい女性へと磨き上げることができるのです。

小さなことでも見落とさず、怠らずに、ケアを重ねていってください。